おすすめの居抜き物件を紹介します

お店を開業したい場合にまず行わなければならないことは、店舗とする物件を探すことです。その際にチェックしておきたいのが居抜き物件と言われる物件です。居抜き物件とは以前の店舗の設備や内装がそのまま残っている状態で売却もしくは賃貸される物件のことですが、開業する店舗の条件と合えばこれほど利用価値の高い物件は有りません。しかし、逆に居抜き物件に於いては内装が開業する店舗にそぐわなかったり、設備が老朽化していたりという物件も少なくないため、その内容や条件を十分に精査して選ぶ必要があります。一般的に公開されている物件情報ではそのような詳細の内容を公開していない場合も多く、これを把握するためには様々な予備知識と物件を判断する能力が必要になるものです。

業種に適しているかどうかが居抜き物件のポイントです

居抜き物件で最も多いのが飲食店の居抜き物件です。厨房設備が整っていることが多いので業種が合えばすぐにでも開業できるのが大きなポイントです。一口に飲食店と言っても、ラーメン屋のようにカウンター席を重視する形にするのか中華料理店のようにテーブル席を重視するのかによっても物件の選び方は変わってくるものです。例えばラーメン屋では回転率が売り上げに大きく関わるため、席数を少なくして回転率を高める方が売り上げが伸びる傾向が有ります。その為、店舗の形態としては席数を少なく、カウンター席が多い物件を選ぶことが得策です。逆に中華料理屋ではテーブル席を多くし、客単価を大きく取る為にテーブルに料理を並べやすく広いスペースが有る方が有利になります。このように同じ飲食店でもその内容により居抜き物件の選び方が異なるのです。

厨房設備の契約形態や補償内容に注意が必要です

飲食店の居抜き物件の場合には厨房設備が整っているのが最大のメリットですが、その設備が老朽化していることが有るのが大きなデメリットでもあります。万が一厨房設備が故障してしまった際に補償が受けられるのかどうかについて十分に確認する必要があります。居抜き物件の中には、厨房設備を含めて賃貸するもの、厨房設備は含めずに無償で貸してくれる物が有りますが、無償の場合には万が一故障した場合には自分で修理もしくは交換しなければならないので注意が必要です。又、厨房設備の老朽の具合に付いては下見の際に十分な確認を行っておくことも重要です。老朽化した厨房設備の場合には賃貸後すぐに交換しなければいけなくなることも有るため、そのための資金を予め用意しておかなければならないからです。居抜き物件を選ぶ際には、このような点も注意することが大切です。

充電は通常の電源の他に、USB電源でも出来ます。 水蒸気をふかして煙を出すのでタバコを吸っているような気分が味わえます。 Eleaf・INNOKIN・aspireをはじめ有名ブランドの電子タバコを購入できます。 これから電子タバコを始めたい方に最適なスターターキットを販売中。 日本ではまだまだタバコの代用品ですが、海外では嗜好品として認知されています。 VAPEをお探しなら【ベイプスタジオ】